2006年10月

「デス・ノート 前編」

2006.6.25 多摩センターワーナー 連れと~

原作漫画を知らなかったので、面白かった。
知ってると不満が残るらしいので、後編を見終わるまで読みません。
我慢。

連れ曰く「ぬるい」ライト役の藤原竜也が後編、どうなるんでしょうかねぇ。
恋人殺して、充分鬼畜というかいっちゃってると思うんですけど・・・ダメ?
予告を観た感じでは後編も面白そうなのですが。
やっぱり原作知ってると「むむー」なんですかねぇ。

「海猿 LIMIT OF LOVE」

2006.6.14 新百合ヶ丘ワーナー お一人様~

そうか、これも観てたんだった。
「花よりもなほ」と迷ってたくせにサル行ったんだった。
ROBOTもの。

ドラマもなんだかんだで見ていたし、一作目も映画館で観てるんですよね。
ふ、恐るべし。
あの煽るカンジについのってしまう(笑)
緊迫感というか、時間ないだろうってところで長電話してるなどなど
突っ込みどころは多々あるものの感動しちゃうんですよ。
作り手がうまいのか、私が単純すぎなのか。
時任さんがですねー、いいのです。

「ブレイブ・ストーリー」

2006.7.12 新百合ヶ丘ワーナー お一人様~

感想は、あ、書いてる。
これは今も原作を読むほうがよいと思ってます。
原作はとってもよいですよー。

映画も絵が綺麗でしたが。

「ゲド戦記」

2006.7.29 新百合ヶ丘ワーナー お一人様~

封切日に観たくて、お一人様レイトショー行きました。

これは~。
うん、難しいって印象かなぁ。
ナウシカとかに影響を与えている作品というだけあって、
いろんな要素がかぶるんですよね。
何を伝えたいのかなぁっていうものが見えにくかった。
まだ上映している映画館があるのは、ブランド力でしょうねぇ。

ただ、菅原文太さんのゲドは渋かったな。声が。
あと読売新聞のCMメッセージや、ポスターのメッセージはすごくよかった。
セリフで一部気になったところがあったので、パンフ購入した作品です。

あ、あとテルー歌集はnanoに入れていて、たまーに聞きます。
疲れていても耳に障る声ではないので、好きですね。

気楽に楽しむ雰囲気のものではないし、
わかりやすくもないので、
ジブリと考えるとどうなのかな、とも思います。
でも、これからなのでしょうね。

いまだに「ナウシカ」「ラピュタ」「トトロ」「魔女宅」
「耳をすませば」が大好き作品かな。

ゲド戦記

「カーズ」

2006.7.30 多摩センターワーナー 連れと~

約束してしまった為、観るのが相当遅れた記憶あり。

DVDが来月出ます!買います!
面白かったんですよねー。
ピクサー作品はやっぱり綺麗。
しかもレースシーンがあるのが私にはたまらない♪
確か観たあとご機嫌だったような気がします。

光の反射具合とか、細かい芸はさすがスバラシイ。
って技術的なことはピクサーマニアの妹や、連れにまかせて
ただただ映像とストーリーを楽しんできました。

これのマックのハッピーセット、主役のマックイーンだけじゃなくて
メーターとかも大人気であっという間に売り切れ状態だったんですよね。

「ハチミツとクローバー」

2006.8.11 海老名TOHO お一人様~

シネポイントでタダ。
感想は・・・あぁ、キャシャーン伊勢谷さん演じる森田先輩に
叫んでますね。
漫画が完結した今もキャシャーンは森田先輩じゃなーいと思ってます。
でもパンフを買った作品。。。

なんというか世間からかーなりずれてうっかりハマってしまった作品です。
原作が大好き漫画になっちゃいましたから。

連れに観ちゃったんだ・・・といじけられてしまった作品。
散々「ハチクロ」を絶賛して、楽しそうだったので興味を持ったらしい
のですが私はアッサリ「みたよーん」だったので。
結構そういうことがあるらしいです。
無邪気に「面白かったよー」と言い切る私に密かに「ガーン」とか
思うことが多々あったと言われ、最近は観たそうな作品は「観たい?」と
一応聞いてあげてます。
映画館で観るのが好きなのも、お一人様が平気な上にむしろ好きなのも
知ってるので、よほど「がーん」じゃない限りは見守ってくれてます。
制限されるとたぶん、私は怒るか辛いのでありがたいですねー。

ハチミツとクローバー

「パイレーツ・オブ・カリビアン  デッドマンズ・チェスト」

2006.8.15 多摩センターワーナー 連れと~

感想は、あ、もう記録してあるわ。
まだ上映してますね~。
息が長いです。
でも、もうDVD出ますね(笑)

まだパンフ買おうか悩んでます。

パイレーツ・オブ・カリビアン

「マイアミ・バイス」

2006.9.3 多摩センターワーナー 連れと~

予告で観て、普段見ないタイプの映画なのですが
観たくなった作品。
こういうのが好きな連れも行きたいというので私がちゃっちゃか
お一人様する前にと公開してすぐ観に行ったのだと思う。

冒頭の音楽が格好いい!
「8Mile」を思い出すサントラが欲しくなる作品。
しかもフェラーリ乗り回す刑事って!く~っとなりましたよ。
ヒゲって好みじゃないはずが、、、惚れました。
ソニー役、コリン・ファレル。
奥様を大事に想うタイプの方がいいはずが
リカルドよりもソニーでした。

男っぽい映画ですねぇ。
「フェイク」ほどの渋いっというのはないのですが
(あれは私の中でかなり上位なので)でも、これは気に入りました。

マイアミ・バイス

「ユナイテッド93」

2006.9.17 新宿武蔵野館 連れと~

満席続出だった映画。
もうちょっとシネコンで都合の良い時間に上映してくれてると
ありがたかったなぁと思った。
昼間は上映しておらず、夜が多かったのでバイトで行けなかった。

映画のほとんどの時間が、ユナイテッド93内ではなく、管制塔など
で占められています。
すごく忠実に作ろうとした結果なのでしょうね。

乗っ取る側の人も人間です。
乗っ取られる側も人間。
どちらもそれぞれの「神」に対して祈っていたのが、宗教観のない私には
印象的でした。

ドキュメントの公平性がどうなのか、という見方をする連れとは
映画の見方が決定的に違うのでプチ険悪になった作品でもあります。
私は、感情で物事を見るところがあるので。
気持ちを考えてしまうのです。

テロに対しては制裁を、それだけは賛同できませんでした。
この映画の最後でも、賛同できない趣旨の文章が添えられています(確か・・・)
ここ最近で9・11ものの映画が増えているのは、アメリカの正当性を
主張したいのかしら?とか思ったりもしましたが、違いますね。
違ってよかったです。

すーごくいろいろ思った作品で、今も印象強いのですが、上手く
言葉にならないのがもどかしい。

公式ページや映画館で観た予告と、本編の印象は結構違います。

ユナイテッド93

「UDON」

2006.9.19 川崎TOHO お一人様~

まともな予告になってくに連れて観てみよっかな、になった作品。
ROBOT制作もの。
ここのに、弱いんで。。。

火曜日、確かハローワーク出頭日だったのと夜ご飯の待ち合わせまでの
時間つぶしに観たの、かな?
火曜日なのでTOHOはシネマイレージ会員1300円♪

とりあえず、香川に行こうになってしまうのは単純だからでしょうね。
でも、うどんって大好きなので(蕎麦より好き)
シンプルダシ汁にお醤油かけてずるずるずる~って魅力的でした。

暇つぶしにいいです。
大満足とはいかないけれど、楽しめます。
あ、久しぶりにトータス松本の万歳が聞けます(笑)

UDON
プロフィール

keiko

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ