TVでやってた「アルマゲドン」観てました。
泣かせるやつでは、素直に泣いてしまいます。


両親が明日出発なので、一緒にTV見てました。
なんだかざわざわと不安です。
すごく嫌な感じの緊張感があります。
症状の一種なのか、今まで数え切れないくらい海外旅行に行っている親に対して不安になることなんてなかった(事故なんてないでしょうと思ってた)のに、今、とても不安定。


親を愛してるかなんて、当たり前だと思って生きてた時間。
そうなのか!?と疑問を持ってしまった時間。
少しづつ、自分の中の気持ちを整理している今。

整理というか昇華というか・・・本当にできてる?と言ったら「わからない」と答えると思う。


「パパ、愛してる」と言える娘役のリブ・タイラーが残ってる。
私は、今、どうだろう。

「愛してない」は。。。違う。

少しづつでいいから知ろうと思ってる。

暗い部分を無意識下に閉じ込めていた。
明るい部分だけ、不自然なほどに明るい部分だけ見てた。

見ないようにしていた分、ツケは大きい。
今だって、何か見落としているかもしれない。

些細なことで気に障ったりするし、お互いギクシャクしたりもする。
それでも、2ヶ月暮らした。
私に、もう、逃げる場所がないというのもあるけど。

ここに居ることで、話す機会は、少しはできた。
嫌がるので、あんまり話には出せないけれど。
それでも、離れて避けていた時期もあったのだから。


これから。
これからです。
まだ道は長いのでしょう。
泣いてる小さな私もいるから。
未だに自分で立つ、できていないから。
これから。

ちょっぴりだけ思うのは、もっと早く気が付けていたらってコト。
26歳、もうじき27歳。
武器も何もないです。
これから身につけて、頑張っていくことです。
その歩き先も見えていません。
やっと起き上がったところ。
これから着替えて、靴はいて、歩き出す。


今、ふっと、母と違って言わないけれど、お父さんも寂しいし、傷ついているのかなって悲しくなった。
妹が母になついているので、余計、寂しいのかなとも思った。
お父さんにも、優しくしてあげられる日がくるといいな。
そうできるといいな。


自分のことも考えなければならない。
治さなきゃならない。


結構大変かもね。