とても優しい気持ちになれる映画でした。
暖かい気持ちで泣いています。
ピーター・パンやジェームズ・バリは、ディズニーもしくは最近だと実写映画化された
ものを通してしか知らなかったのですが、改めて「原作」を読んでみたいと思います。

芝居をplay、遊びだよというダスティ・ホフマンのセリフや
自分の気持ちで楽しむことを思い出せた観客達の笑顔、
「ティンカーベルを助けるために手を叩いて」というピーターパンのセリフに
まっさきに手を叩く祖母役の人。
主役達以外のシーン以外にも沢山心に残りました。

ジョニーデップのバリは、素晴らしいと思う。

新百合ヶ丘では今週末までの上映でしたが、3/4まで上映期間が延長されています。
観に行ってよかったなぁと思える映画でした。
期間延長もわかる気がします。

ネバーランドオフィシャルサイト