映画三昧、第3弾。海老名のTOHOで観てきました。
三島文学はやはり性に合いません。

さっさと素直に好きって言っておけばいいのに<(`^´)>
と突っ込み入れたくなるのは私だけ?
悲劇に自分でしといて…馬鹿?
とむかむか。

もしも好きな方いたらごめんなさい~。
素直に好きと言えない男ゴコロがわかってないだけなのかしら。


名古屋の宿という設定でしたが、伊豆にある「福田屋」さんが使われていました。
川端康成の「伊豆の踊り子」の由縁で有名な宿です。
大学時代に友人と泊まった思い出の宿で、思わず彼女にメールをしてしまいました。
実際に客間としては使われていない部屋部分を使用してましたね。
とても風情のある宿です。

音楽もたぶんimageかfeelに参加されている有名どころではないでしょうか。
好きな感じだったので、エンドロールを見て「あぁ」って思ったような気がします。