本日は川崎シネチッタにて観てまいりました。
本当は川崎TOHOかワーナーで「ナイト・オブ・ザ・スカイ」か「ミュンヘン」が
有力候補だったのですが、心療内科の待ち時間の都合でこれにしました。

でも、スクリーンで観てよかったです。

高倉健さんはいいですね~。
しかもコレ見ていたら中国に行きたくなりました。
頭はがちがちに固いのに、温かい人々。
なんだかいいなぁってほろりときました。
これは大きなスクリーンで観たほうが雄大な風景とで感動できるような気がします。

今はネットや携帯電話、いろんなコミュニケーションの手段があるけれど
「顔と顔を会わせることの大切さ」
それをこの映画の監督は伝えたかったようです。
オフィシャルサイトの最初のコトバに感動しました。
思わず見入ってしまいました。

この監督が高倉健さんを選んだのがわかる気がします。
人と人がつながってゆく大切さを語らずに演じることができる人って
あまりいないと思うから。

単騎、千里を走るHP