himiko.jpg


観損ねていた映画を見よう第一弾。
「HINOKIO」「SHINOBI」とハズレだったので、期待して見ていました。

淡々と進む物語。
オダギリジョーの格好よさはコレよぉぉぉぉっ。
柴咲こう、スッピンなのにきれぇぇぇ。
細野晴臣、冴えない小デブなのにやっぱり音楽はいいなぁ。
親子が分かり合うとか、そういう陳腐さがないのがよかった。
安易さじゃなくて、ただ、そこにあるものを、
あるがままに。
なんとなく、そういうイメージを受けました。

最後は微笑ましくて、この後、彼等と彼女の人生ってどうなっていくんだろうって
思いました。
わりと好きな映画です。
そして、スーツ、細身の格好いいオダギリジョーが見たいならばコレです!

メゾン・ド・ヒミコ