こっちでいっかー。

元々適当に混乱しつつ使ってたんだしねぇ。
半端にまともになると、「普通な私」と「きれたまんまの私」が
混在してる感じ。
たまにやっかい。

まぁ、こうやって治ってゆくのでしょうね。

何となく大学行って、就職して、一人暮らししてって流れて生きてきたって
ある意味よく出来てたなって、今は思う。
普通とかありきたりとか平凡な日々ってものを作り出してゆくことができるのは
充分すごいことなんだよねー。
感心するレベルが低いなぁとは思いますが。

できなくなると、できるように振舞うことや、生活することの難しさを痛感します。


最近は、やっと「約束」をできるようになりました。
予定のね。
完全ではないながらも割と。
今までドタキャン前提での約束で、何が起こるか状態だったから。

今、おかしいな。危ないな。
が自覚を多少できるようになりました。
だからといって狂ったような行動を全部抑えられるかというとそこはまだ
なのですが、随分マシです。


「死にたい」って健康的な思考回路(普通といわれる思考回路)では
出てこないものらしいですね。
らしいって、私もそうだったような。
道の一つとして、そういう回路ができてしまったのは、仕方ないですねー。
元に戻れるってもんでもないし。


薬を飲む、ということは普通は引くとか
心療内科や精神科レッツゴーは、それだけで引くとか
怖いものだとか
自分も思ってたけど、もう、それが普通の一つになってるので
気が付かなかったり。


あれ?なに書こうとしたか忘れた。
たぶん、普通になるのって・・・疲れるって思った?
よーわからん(笑)